歴史に残る新聞広告「ANA ニューヨークへ行こう」

突然だが、このキャッチコピーを見て、どう感じるだろうか。

ニューヨークへ、行こう。

from Japan. ANA

「何の工夫もないキャッチコピーだな」。そう思った人も多いかもしれない。しかし、このキャッチコピーが新聞広告の上に載り掲載された日を聞くと、印象は変わる。

この記事はスタンダード会員限定コンテンツ(月額1,089円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:842文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

N.SEMINAR「これから非工業都市が成長する理由」木下斉

N.SEMINAR「ピンチをチャンスに変える、これからの地方との向き合い方」藤沢久美

N.SEMINAR「地ビールからクラフトビールへ、そして、再び地ビールへ」朝霧重治

「ドラッグストアを武器とした 地域コネクティッドビジネスへの挑戦」富山浩樹