(1)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|「考える力」を養う

「算数・数学」の効果的な学習法について、人気の学習指導者・今木智隆氏が紹介する全12回の連載コラム。1回目は、なぜ「算数・数学」を勉強するのか、「考える力」を養う大切さについてお伝えします。次回は「自宅学習」3つのポイントです。

今木智隆(いまきともたか)
RISU Japan株式会社代表取締役。1979年京都府生まれ。東大寺学園中学校・高等学校、京都大学大学院エネルギー科学研究科修了。デジタルマーケティングのコンサルティングを経て、2014年RISU Japan株式会社を設立。タブレットを利用した幼児から小学生向け算数教材で、のべ10億件のデータを収集し、より学習効果の高いカリキュラムや指導法を考案。国内はもちろん、シリコンバレーでもハイレベル層から、算数やAIの基礎知識を学びたいとオファーが殺到している。著書に『10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方』(2019年 文響社)。

算数や数学が好きですか? あるいはお好きでしたか?

きっと嫌いな、嫌いだった人も多いと思います。数学で出てくる公式は普段の生活で使わないものも多いですし、どうしてこんなに大変な思いをして数学をしなければいけないんだ…と、苦しんだ人は多いでしょう。もしかすると、多くの人が、「試験があるから」とか「受験のため」といった理由で算数や数学を学んでいたのではないでしょうか。

では、どうして算数や数学を勉強するのでしょう? 試験の成績を上げることや、受験に合格するため?

確かに、それらも理由として考えられるでしょう。でも、僕はもっと違う、そしてもっと大きな視点から算数や数学を勉強する意味を捉えています。そのキーワードになるのが、「考える力」です。算数や数学を勉強することは「考える力」を身に付けることだ、と僕は思っています。

「考える力」とは例えば「思考力」とか「論理的思考力」と言い換えてもいいかもしれません。物事を誰にでも分かるようなロジカルな方法で考える力、それが僕にとっての「考える力」です。それって、算数や数学に限らず、生きていく上でとっても大事なことですよね?

自分が思っていることや考えていることを論理的に表現しなければ、他人は自分の考えを理解してくれませんから。そんなことを言ったら、どんな教科でも「考える力」は養えるんじゃないか、と反論が聞こえてきそうです。確かにそうなんですが、特に、算数や数学で考える力が強く育つと僕は考えます。

この記事はスタンダード会員限定コンテンツ(月額1,089円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1280文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

(9)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|論理的思考力を育む

(8)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|先取り学習

(7)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|朝学習のすすめ

市議、県議から衆議院へ、苦節20年を乗り越え