五條へ帰郷、市議選の挑戦へ

奈良県出身者や奈良と深く関わる著名人の方々に、自分の半生と共に奈良への思いを綴っていただく連載企画「私と奈良」。大和大学学長で学校法人西大和学園の創始者、田野瀬良太郎様の連載。4回目は就職先で学んだ仲間との絆の大切さと、田野瀬氏のふるさと、五條での市議選挑戦の決意についてです。

この記事はスタンダード会員限定コンテンツ(月額1,089円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1679文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

「感じる、発信する、やってみる、反省する、のループがプロジェクトのデザイン」馬場正尊

(3)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|勉強場所を考える

異国の地でたどり着いた、日本ですべきこと

(2)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|「自宅学習」3つのポイント