(7)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|朝学習のすすめ

「算数・数学」の効果的な学習法について、人気の学習指導者・今木智隆氏が紹介する全12回の連載コラム。7回目は、朝学習による効率的な学習法についてです。

今木智隆(いまきともたか)
RISU Japan株式会社代表取締役。1979年京都府生まれ。東大寺学園中学校・高等学校、京都大学大学院エネルギー科学研究科修了。デジタルマーケティングのコンサルティングを経て、2014年RISU Japan株式会社を設立。タブレットを利用した幼児から小学生向け算数教材で、のべ10億件のデータを収集し、より学習効果の高いカリキュラムや指導法を考案。国内はもちろん、シリコンバレーでもハイレベル層から、算数やAIの基礎知識を学びたいとオファーが殺到している。著書に『10億件の学習データが教える 理系が得意な子の育て方』(2019年 文響社)。

みなさんは朝型ですか? それとも夜型ですか?

子どもが夜遅くまで勉強に励んでいたら「えらい!」と褒めたくなるかもしれません。ついつい夜食を出してあげたり、ねぎらいの言葉をかけたり……。

私も夜型の人間だったので、そんな思い出がありました。受験生だった頃、夜まで頑張っていると、母親が日頃の食卓にはのぼらないチキンラーメンを出してくれるのです。それがうれしくて、いつも夜遅くまで勉強を頑張っていました。

でも実は、夜更かし型の子どもは、朝型に比べてとっても効率が悪いのです。思い当たる方は、深夜の勉強はすぐに止めさせたほうがいいかもしれません。

あるデータによると「朝型の子」を100とした場合、「夜更かし型の子」は学習スピードが73、継続力が48にまで落ちるという残念な結果が出ています。勉強に取り組む時間帯が遅くなるにつれて、「学習理解のスピード」も「学習の継続期間」も下がっていくわけです。つまり、夜更かし型の子の勉強は、効率が悪く長続きもしないということなのです。

これは、一体どうしてなのでしょう。

この記事はスタンダード会員限定コンテンツ(月額1,089円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1553文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

(9)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|論理的思考力を育む

(8)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|先取り学習

市議、県議から衆議院へ、苦節20年を乗り越え

(6)10億件のデータが教える算数・数学の学習法|効率の良い学習テクニック