奈良県出身の力士として98年ぶりの優勝、徳勝龍関独占インタビュー

大相撲初場所で県出身の力士として98年ぶりの優勝を決めた徳勝龍関(33)=本名・青木誠=。優勝を決めて涙を流した後の場内インタビューでは「自分なんかが優勝していいんでしょうか」などと話し、ファンの心をワシづかみにした。奈良市出身で、お笑い好きな一面を持つ「遅咲きの星」に話を聞いた。

奈良新聞社へ来社した徳勝龍関(令和2年2月2日)

この記事はスタンダード会員限定コンテンツ(月額990円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1580文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

OSK日本歌劇団 虹架路万さん 独占インタビュー