【クリアド】11月掲載|キャッチコピー部門受賞者インタビュー

クリエイティブ・アド 「キャッチコピー部門」最優秀作「いちばん理解してる。って、思わせてくれるとこが好き。」

最優秀作が実際の新聞全頁広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。今回から「キャッチコピー部門」が新設され、11月の課題「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告」で「キャッチコピー部門」1回目の最優秀作に選ばれた、安達岳さんにお話をお伺いしました。

この記事はスタンダード会員限定コンテンツ(月額1,089円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1914文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【クリアド】1月掲載|デザイン部門受賞者インタビュー

【クリアド】1月掲載|キャッチコピー部門受賞者インタビュー

避難所もっとより良く非常袋 #並べる防災|神戸新聞

【クリアド】12月掲載|デザイン部門受賞者インタビュー