クリエイティブ・アド/全ページデザイン部門|「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告」最優秀作 制作者インタビュー

全ページデザイン部門/最優秀作「こんな時代も、アートが楽しくしてくれた。」

最優秀作が実際の新聞全頁広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。11月の課題「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告」の「全ページデザイン部門」で最優秀作に選ばれた「こんな時代も、アートが楽しくしてくれた。」の制作者である高田雄大朗さん、夷藤翼さんにお話をお伺いしました。

この記事はスタンダード会員限定コンテンツ(月額1,089円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1807文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

離れていても心はひとつ|岐阜新聞

クリエイティブ・アド/キャッチコピー部門|「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告」最優秀作 制作者インタビュー

クリエイティブ・アド|第4回最優秀作 制作者インタビュー

今年の平和祈念式典は家で行われます。(と、想像してみよう。)|長崎新聞