【クリアド】7月掲載|ファイナリスト発表

最優秀作が新聞全頁広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。6月のテーマ「高校野球について改めて考えるきっかけとなる広告」のファイナリストが決定しました。

最終審査は6月26日19時から、奈良新聞デジタルYoutubeチャンネル上で西島知宏氏、田中泰延氏によって行われます。

【6月のゲスト審査員】

田中泰延(たなかひろのぶ)
1969年大阪生まれ。株式会社 電通でコピーライターとして24年間勤務ののち退職、2017年から「青年失業家」を名乗り、ライターとして活動を始める。2019年6月初の著書『読みたいことを、書けばいい。』を上梓、現在16万部突破、Amazon和書総合1位となる。Twitter:@hironobutnk

【ファイナリスト一覧】※順番は申込順です
01 「春(夏)秋冬、といった気分だ。」S. K. 
02 「こどものための、こうこうやきゅう。」秋山千尋 
03 「負けさせてさえ、もらえなかった。」栗原勲
04 「努力しても夢は叶わない。」塚田智幸
05 「酷暑」松吉亨
06 「雄姿」家泉洋平
07 「BACK HOME」吉本圭輔
08 「大人になってなくしたもの」鎌田優作
09 「球児と子ども」三宅幸代
10 「一度きりの夢舞台」飯塚翔太
11 「時代を変える力」堤大祐

【ファイナリスト作品】

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:695文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【クリアド】8月掲載|最終審査動画

【ADBOX】細田高広「カンヌ受賞作を見て学ぶ会」(アーカイブ)

【クリアド】8月掲載|ファイナリスト発表

【ADBOX】島津裕介「僕はそう決めている。勇気を振り絞るためのクリエイティブのルール」(アーカイブ)