【ファイナリスト決定】クリエイティブ・アド「終戦記念日(8月掲載)」

最優秀作が新聞全頁広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。7月のテーマ「8月15日 終戦記念日に載せるべき啓発広告」のファイナリスト11作が決定しました。

最終審査は7月28日19時から、奈良新聞デジタルYoutubeチャンネル上で西島知宏氏、三浦崇宏氏によって行われます。

配信はこちらから

【7月のゲスト審査員】

三浦崇宏(みうらたかひろ)
The Breakthrough Company GO 代表取締。PR/CreativeDirector。2007年 博報堂入社、マーケティング・PR・クリエイティブの3領域を経験、TBWA \HAKUHODOを経て2017年独立。「表現をつくるのではなく、現象を起こすのが仕事」が信条。Cannes Lions、PRアワードグランプリ、ACC TOKYO CREATIVITY AWORDS グランプリ/総務大臣賞など受賞多数。著書に『言語化力(言葉にできれば人生は変わる)』(ソフトバンク出版)がAmazonのビジネス書ランキングで1位に。東京大学、早稲田大学、筑波大学などで講師実績あり。Twitter:@TAKAHIRO3IURA

【ファイナリスト一覧】※順番は申込順です
01 「立ち止まって考える一日に」Y.T. 
02 「今日のあなたは。」三原賢治 
03 「今、止めないといけない戦いがある。」砂川大
04 「黙祷が、ただの沈黙になってはいけない。」夷藤翼
05 「約123。」安達岳
06 「知らない」松吉亨
07 「#声を上げ続けよう。」塚田智幸
08 「もし、世界の終戦記念日ができたら、どんな名前がつくんだろう。」高野未南美
09 「炎上した。」鎌田優作
10 「平和な時代」北川秀彦
11 「空気だった」K.R.

今回より審査員と同じ会社の応募者がファイナリストに残るケースを鑑み、審査員の審査をより公平を期すため、公開審査終了までお名前の掲載を控えさせていただきました。審査員にもファイナリスト作品全ての応募者のお名前を伏せて、最終審査を実施させていただきました。

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:653文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【最優秀作決定/最終審査動画】クリエイティブ・アド「終戦記念日(8月掲載)」

【最優秀作決定/最終審査動画】クリエイティブ・アド「高校野球(7月掲載)」

【ファイナリスト決定】クリエイティブ・アド「高校野球(7月掲載)」

【プレゼント】OSK日本歌劇団「愛と死のローマ~シーザーとクレオパトラ~」(2020年2月公演)DVD※応募終了