【ファイナリスト決定】クリエイティブ・アド「国際反戦デー(10月掲載)」

最優秀作が新聞全頁広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「10月21日 国際反戦デーに載る啓発広告」のファイナリスト12作が決定しました。

最終審査は9月25日19時から、奈良新聞デジタルYouTubeチャンネル上で西島知宏氏、橋口幸生氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

橋口幸生(はしぐちゆきお)
電通のコピーライターとしてテレビ CMやグラフィック、デジタルなどさまざまな企画に携わる。『100万回シェアされるコピー』著者。TCC 会員会員。「11月11日はポッキーの日。ではなく、 ポッキー&プリッツの日です。」(プリッツ)、「集中には、きっかけがいる」(FRISK)、スカパー!堺議員シリーズ、のどごし夢のドリームなど。趣味は映画鑑賞&格闘技観戦。Twitter(@yukio8494)。

【ファイナリスト一覧】※順番は申込順です

01 「#」 久野直人
02 「なくしたい記念日」 実家が全焼したサノ
03 「飛行機雲」 夷藤翼
04 「わたしは、アカメアマガエル。」 萩原志周
05 「「爆弾」を落とそう。」 佐々木楓
06 「せん-そう【戦争】」 高田雄大朗
07 「「いいね」は、21世紀の新兵器だ。」 花田顕子
08 「あかりの日」 家泉洋平
09 「「平和」をなくそう。」 鎌田優作
10 「声は届く。」 三宅幸代
11  「ひとつにするもの」 有田絢音
12 「日常に、戦争は突然現れる。」 中牟田佳苗

審査員と同じ会社の応募者がファイナリストに残るケースを鑑み、審査員の審査をより公平を期すため、公開審査終了までお名前の掲載を控えさせていただき、審査員にもファイナリスト作品全ての応募者のお名前を伏せて、最終審査を実施しました。

【ファイナリスト作品はこちら】※無料会員登録で作品画像をご覧いただけます

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:838文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【最優秀作決定/最終審査動画】クリエイティブ・アド「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告(11月掲載)」

【ファイナリスト決定】クリエイティブ・アド「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告(11月掲載)」

【プレゼント】奈良クラブ観戦ペアチケットプレゼント ※応募終了

【最優秀作決定/最終審査動画】クリエイティブ・アド「国際反戦デー(10月掲載)」