【ファイナリスト決定】クリエイティブ・アド「12月11日 ユニセフ創立記念日に載る啓発広告(12月掲載)」

最優秀作が新聞全頁広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「12月11日 ユニセフ創立記念日に載る啓発広告」のファイナリスト 作が決定しました。

最終審査は11月20日19時から、奈良新聞デジタルYouTubeチャンネル上で西島知宏氏、河西智彦氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

河西智彦(かわにし ともひこ)
クリエイティブディレクター / CMプランナー / コピーライター。1999年博報堂入社。7年間の営業経験を経てCRに転局。TVCMや新聞広告だけでなく、WEBサイト・戦略PR・プロモーション・SNSでの話題化など複数の手法を組み合わせながら、企業の売上を増やすことを得意とする。Yahooトップは20回以上獲得。施策の総RT数は100万以上。関西や九州の遊園地、クルマ、大手通信などを担当。「2億円事件。」「日本一心の距離が遠いサファリパーク」「ベイクを買わない理由100円買取CP」など。カンヌ金賞・ACC金賞多数・TCC審査委員長賞・OCCグランプリなど。著書『逆境をアイデアに変える企画術』(宣伝会議)はAmazonのカテゴリーで1位に。

【審査について】
審査員と同じ会社の応募者がファイナリストに残るケースを鑑み、審査員の審査をより公平を期すため、公開審査終了までお名前の掲載を控えさせていただき、審査員にもファイナリスト作品全ての応募者のお名前を伏せて、最終審査を実施しました。

【全ページ部門/キャッチコピー部門のファイナリスト一覧は下記から】※無料会員登録で作品画像をご覧いただけます

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1482文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【最優秀作決定/最終審査動画】クリエイティブ・アド「12月11日 ユニセフ創立記念日に載る啓発広告(12月掲載)」

【最優秀作決定/最終審査動画】クリエイティブ・アド「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告(11月掲載)」

【ファイナリスト決定】クリエイティブ・アド「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告(11月掲載)」

【プレゼント】奈良クラブ観戦ペアチケットプレゼント ※応募終了