【最優秀作決定/最終審査動画】クリエイティブ・アド「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告(11月掲載)」

最優秀作が新聞全頁広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの意見広告コンペ「クリエイティブ・アド」。10月の課題「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告」の最優秀作が決定しました。

最終審査は10月23日19時から、奈良新聞デジタルYoutubeチャンネル上で、審査員である西島知宏氏、三井明子氏によって行われました。

【全ページデザイン部門】

最優秀作:「こんな時代も、アートが楽しくしてくれた。」

コピーライター:夷藤翼 
アートディレクター:高田雄大朗 ※応募者

【キャッチコピー部門】

最優秀作:「いちばん理解してる。って、思わせてくれるとこが好き。

コピーライター:安達岳

公開審査のアーカイブ動画は、11月3日まで無料会員へのご登録でご覧いただけます。

11月4日以降はプレミアム会員限定コンテンツとなります。

会員へご登録して、以下からご視聴ください。

この記事はプレミアム会員限定コンテンツ(月額2,189円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:85文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【最優秀作決定/最終審査動画】クリエイティブ・アド「12月11日 ユニセフ創立記念日に載る啓発広告(12月掲載)」

【ファイナリスト決定】クリエイティブ・アド「12月11日 ユニセフ創立記念日に載る啓発広告(12月掲載)」

【ファイナリスト決定】クリエイティブ・アド「“芸術”の価値について 考えるきっかけとなる広告(11月掲載)」

【プレゼント】奈良クラブ観戦ペアチケットプレゼント ※応募終了