【クリアド】3月掲載|ファイナリスト発表

最優秀作が実際に新聞広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「3月19日 ミュージックの日に音楽の素晴らしさについて考えられる広告」の「全ページデザイン部門」と「キャッチコピー部門」のファイナリストが決定しました。

最終審査は2月24日19時から、奈良新聞デジタルYouTubeチャンネル上で西島知宏氏、栗田雅俊氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

栗田雅俊(くりたまさとし)
dentsu zeroクリエーティブディレクター/コピーライター/CMプランナー。近年の主な仕事に、宝くじビンゴ5、サントリー「話そう。」「2020年の希望」、パートナーエージェント「ドロンジョとブラックジャック」、デカビタ C「元気すぎるご当地キャラ」、Huluうさぎ、東京新聞「シャンシャンが家に来る日」「海の声新聞」、日清カップヌードル、KINTO、大和ハウスD-room、カシワバラ・コーポレーション「大規模修繕な人々」など。TCC賞、ACC賞ゴールド、広告電通賞最高賞、朝日広告賞グランプリなど。Twitter:@kurita_ma。

【審査について】
審査員と同じ会社の応募者がファイナリストに残るケースを鑑み、審査員の審査をより公平を期すため、公開審査終了までお名前の掲載を控えさせていただき、審査員にもファイナリスト作品全ての応募者のお名前を伏せて、最終審査を実施します。

【全ページ部門/キャッチコピー部門のファイナリスト一覧は下記から】※無料会員登録で作品画像をご覧いただけます

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1665文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【クリアド】3月掲載|最終審査動画

※応募受付終了【プレゼント】木梨憲武展 ペアチケット

※応募受付終了【プレゼント】日展の大阪展ペアチケット

【クリアド】2月掲載|最終審査動画