【クリアド】7月掲載|ファイナリスト発表

最優秀作が実際に新聞広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「2021年の夏休みが楽しみになるような広告」の「全ページデザイン部門」と「キャッチコピー部門」のファイナリストが決定しました。

最終審査は6月25日19時から、奈良新聞デジタルYouTubeチャンネル上で西島知宏氏、尾上永晃氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

尾上永晃(おのえのりあき)
電通のプランナー。最近の仕事に森永乳業ピノ「ピノかわいいパッケージ50」「ピノアーモンドソロデビュー」、すき家CM、日清食品「チキンラーメン」「アクマのキムラー」、ネットフリックス「リラックマとカオルさん」、日経新聞「駄言辞典」、東急電鉄「池上線フリー乗車デー」、宮本浩次「宮本独歩」など。ACC・アドフェスト・電通賞グランプリ、TCC新人賞やカンヌ、メ芸など受賞。最近は、野菜におけるおいしさとは何かが気になっている。

【審査について】
審査員と同じ会社など、知人が応募者がファイナリストに残るケースを鑑み、審査員の審査をより公平を期すため、公開審査終了までお名前の掲載を控えさせていただき、審査員にもファイナリスト作品全ての応募者のお名前を伏せて、最終審査を実施します。

【全ページ部門/キャッチコピー部門のファイナリスト一覧は下記から】※無料会員登録で作品画像をご覧いただけます

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1468文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【ADBOX】越智一仁「『脱・思いつき』アイデア術2 ~視点を変えて驚嘆と共感を設計するコミュニケーション・プランニング~」(オンラインイベント)

【参加受付中】コピーライターをめざす学校

【ADBOX】並河進「これからの広告が社会のためにできること」(アーカイブ)

【クリアド】1月掲載|最終審査動画