【クリアド】8月掲載|ファイナリスト発表

最優秀作が実際に新聞広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「おじいちゃん、おばあちゃんに会いたくなる広告」の「全ページデザイン部門」と「キャッチコピー部門」のファイナリストが決定しました。

最終審査は7月28日19時から、奈良新聞デジタルYouTubeチャンネル上で西島知宏氏、筒井晴子氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

筒井晴子(つついはるこ)
電通コピーライター。大塚製薬「ポカリスエット」「イオンウォーター」、グリコ「Pocky THE GIFT」、Panasonic「Life is electric」、慶應義塾大学経済学部「PEARL」、HONDA、アドミュージアム東京などを担当。Cannes Lionsグランプリ、ACC GOLD、D&AD Yellow Pencil、ONE SHOW GOLD、ADFEST グランプリなど受賞。

【審査について】
審査員と同じ会社など、知人が応募者がファイナリストに残るケースを鑑み、審査員の審査をより公平を期すため、公開審査終了までお名前の掲載を控えさせていただき、審査員にもファイナリスト作品全ての応募者のお名前を伏せて、最終審査を実施します。

【全ページ部門/キャッチコピー部門のファイナリスト一覧は下記から】※無料会員登録で作品画像をご覧いただけます

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1302文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【クリアド】8月掲載|最終審査動画

【ADBOX】細田高広「カンヌ受賞作を見て学ぶ会」(アーカイブ)

【ADBOX】島津裕介「僕はそう決めている。勇気を振り絞るためのクリエイティブのルール」(アーカイブ)

【イベント】9/10「キャッチコピーとステートメント」