【クリアド】10月掲載②|ファイナリスト発表

最優秀作が実際に新聞広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「”衆議院議員総選挙に行こう”と思える広告」の「全ページデザイン部門」と「キャッチコピー部門」のファイナリストが決定しました。

最終審査は10月23日19時から、奈良新聞デジタルYouTubeチャンネル上で西島知宏氏、牧野圭太氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

牧野圭太(まきのけいた)
1984年生まれ。早稲田大学理工学部/東京大学大学院情報理工学。2009年博報堂入社、コピーライターに配属。2015年独立し、株式会社文鳥社設立。1作品最大16ページという「文鳥文庫」を制作。2016年カラス設立、代表取締役就任。「Oisix」と「クレヨンしんちゃん」のコラボレーション広告、旬八青果店立ち上げのほか、話題性のある広告やプロモーションを手掛ける。2020年末にエードット副社長を退任。DEを共同創業。

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1497文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【ADBOX】「2021年好きな広告トップ10」(オンラインイベント)

【クリアド】12月掲載|最終審査動画

【ADBOX】嶋野裕介「SNSと新聞広告は、どうすれば仲良くなれるのか?」(アーカイブ)

【クリアド】12月掲載|ファイナリスト発表