【クリアド】12月掲載|ファイナリスト発表

最優秀作が実際に新聞広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「2021年という年がポジティブに感じられるような広告」の「全ページデザイン部門」と「キャッチコピー部門」のファイナリストが決定しました。

最終審査は月28日19時から、奈良新聞デジタルのvimeoで配信、審査は西島知宏氏、三島邦彦氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

三島邦彦(みしまくにひこ)
コピーライター。電通第4CRP局。仕事にNetflix「人間まるだし。」「再生のはじまり」「退屈は犯罪です。」。ダイハツ「Light you up」。集英社/鬼滅の刃「夜は明ける。想いは不滅。」。トヨタ「かけがえのない1日」。集英社/ONE PIECE「物語は終盤です。」。パラリンピック日本代表「超えろ、みんなで。」など。ACC総務大臣賞/グランプリ、小田桐昭賞、企画賞、TCC新人賞、TCC賞。ONESHOW GOLD、ADFEST GOLD、広告電通賞グランプリ、朝日広告賞グランプリなど。

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1697文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【ADBOX】「2021年好きな広告トップ10」(オンラインイベント)

【クリアド】12月掲載|最終審査動画

【ADBOX】嶋野裕介「SNSと新聞広告は、どうすれば仲良くなれるのか?」(アーカイブ)

【ADBOX】大瀧篤「世界に響く体験を創る。 」(アーカイブ)