【クリアド】12月掲載|最終審査動画

最優秀作が新聞全頁広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの意見広告コンペ「クリエイティブ・アド」。

12月掲載の課題「2021年という年がポジティブに感じられるような広告」の最優秀作が決定しました。

最終審査は11月28日19時から、奈良新聞社イノベーションデザイン室のvimeo上で、審査員である西島知宏氏、ゲスト審査員の三島邦彦氏により審査を実施、本動画はその様子を記録したものです。

【全ページデザイン部門】

最優秀作:紬

アートディレクター・デザイナー:石橋遼太(東急エージェンシー)
コピーライター:松本翼(東急エージェンシー)

【キャッチコピー部門】

最優秀作:一生語れる一年だったね。

馬場愛美

公開審査のアーカイブ動画は、12月12日まで無料会員へのご登録でご覧いただけます。

会員へご登録して、以下からご視聴ください。

※12月12日からはプレミアム会員限定コンテンツとなります

この記事はプレミアム会員限定コンテンツ(月額2,189円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:45文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【ADBOX】越智一仁「『脱・思いつき』アイデア術2 ~視点を変えて驚嘆と共感を設計するコミュニケーション・プランニング~」(アーカイブ)

【参加受付中】コピーライターをめざす学校

【ADBOX】並河進「これからの広告が社会のためにできること」(アーカイブ)

【クリアド】1月掲載|最終審査動画