【クリアド】2022年1月掲載|ファイナリスト発表

最優秀作が実際に新聞広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「改めて”防災”について考えるきっかけとなる新聞広告」の「全ページデザイン部門」と「キャッチコピー部門」のファイナリストが決定しました。

最終審査は12月23日19時から、奈良新聞デジタルのvimeoで配信、審査は西島知宏氏、嶋野裕介氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

嶋野裕介(しまの ゆうすけ)
電通zero クリエーティブディレクター/PRディレクター。2003年電通入社。マーケティング、営業を経て3回目の試験でクリエーティブに合格。主にSNS/Webにおける広告・PR設計を担当。最近の仕事に「民放連|一緒にやろう2020」、「BOSS|ゴジラシリーズ、KEIBAなど」、「TOYOTA #金曜日の新垣さん」、「SoftBank | Music Project」、「青森県 #縄文式ビリビリ健康法」、「3cm market」、「フリー素材アイドルMIKA+RIKA」など。

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1554文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【ADBOX】越智一仁「『脱・思いつき』アイデア術2 ~視点を変えて驚嘆と共感を設計するコミュニケーション・プランニング~」(アーカイブ)

【参加受付中】コピーライターをめざす学校

【ADBOX】並河進「これからの広告が社会のためにできること」(アーカイブ)

【クリアド】1月掲載|最終審査動画