【ADBOX】越智一仁「『脱・思いつき』アイデア術2 ~視点を変えて驚嘆と共感を設計するコミュニケーション・プランニング~」(オンラインイベント)

【当日のイベントURL、アーカイブ動画URLは、ログイン後にご確認頂けます】

毎週水曜日、朝7時30分から9時までオンラインで開催される広告講座「ADBOX(アドボックス)」。外部コンテンツですが、奈良新聞デジタルプレミアム会員は、追加料金なしで参加できます。

<次回イベント>
越智一仁「『脱・思いつき』アイデア術2 ~視点を変えて驚嘆と共感を設計するコミュニケーション・プランニング~」

越智 一仁(おち かずよし)
1980年生まれ。2005年九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学部)大学院・芸術工学府修了。同年電通入社。CDC / Dentsu Lab Tokyoのクリエーティブ・ディレクター / コミュニケーション・プランナー。映像表現、デジタル、PRなどが得意領域。主な仕事は、ネピア「Tissue Animals」、小林市「ンダモシタン小林」、グリコ「GLICODE」、ヤフー「聞こえる選挙」、ヤッホーブルーイング「先輩風壱号」「無礼講ースター」、森ビル「DESIGNING TOKYO」など。

この記事はプレミアム会員限定コンテンツ(月額2,189円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:175文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【参加受付中】コピーライターをめざす学校

【ADBOX】並河進「これからの広告が社会のためにできること」(アーカイブ)

【クリアド】1月掲載|最終審査動画

【ADBOX】田中泰延「キヨシコの夜!田中泰延と見る世界のクリスマス広告」(アーカイブ)