【クリアド】5月掲載|ファイナリスト発表

最優秀作が実際に新聞広告となる、奈良新聞デジタルプレミアム向けの啓発広告コンペ「クリエイティブ・アド」。課題「5月18日『ことばの日』に、言葉について考えるきっかけとなる新聞広告 」の「全ページデザイン部門」と「キャッチコピー部門」のファイナリストが決定しました。

今月の最終審査は通常の28日から変更、4月26日19時から奈良新聞デジタルのvimeoで配信します。審査は西島知宏氏、阿部広太郎氏によって行われます。

【ゲスト審査員】

阿部広太郎(あべこうたろう)
コピーライター。電通入社後、人事局に配属されるも、クリエーティブ試験を突破し、 入社2年目からコピーライターとして活動を開始。『企画でメシを食っていく』主宰。著書に『待っていても、はじまらない。ー潔く前に進め』(弘文堂)、『コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術』(ダイヤモンド社)、『それ、勝手な決めつけかもよ? だれかの正解にしばられない「解釈」の練習』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)。

この記事は無料会員限定コンテンツです。続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:1551文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【クリアド】6月掲載|最終審査動画

【クリアド】6月掲載|ファイナリスト発表

【ADBOX】西島知宏「企画やコピーを骨組みで捉え直してみる」(オンラインイベント)

【ADBOX】阿部広太郎「20代からできる見つかりに行く努力」(アーカイブ)