【ADBOX】中川諒「アジアで評価された広告」(アーカイブ)

【当日のイベントURL、アーカイブ動画URLは、ログイン後にご確認頂けます】

毎週水曜日、朝7時30分から9時までオンラインで開催される広告講座「ADBOX(アドボックス)」。外部コンテンツですが、奈良新聞デジタルプレミアム会員は、追加料金なしで参加できます。

<次回イベント>
中川諒「アジアで評価された広告」

中川 諒(なかがわ りょう)
恥研究家/コピーライター/PRアーキテクト
幼少をエジプトとドイツで過ごす。電通5CRP局所属。プロモーション局、営業局、Googleシンガポール、シドニーでの勤務を経験し現職。ヤングスパイクス2018本戦ゴールド。ヤングアドスターズ2021審査員、ヤングスパイクス2022本戦審査員。もうヤングではない33歳。『いくつになっても恥をかける人になる』著者。インスタで #自撮り修行 を毎日投稿してもうすぐ1年。

この記事はプレミアム会員限定コンテンツ(月額2,189円)です。
続きをご覧になりたい方は会員登録またはログインをお願いします。

この記事の残り文字数:110文字

会員登録して続きを見るログインして続きを見る
お気に入りに登録

関連記事

【クリアド】6月掲載|最終審査動画

【クリアド】6月掲載|ファイナリスト発表

【ADBOX】西島知宏「企画やコピーを骨組みで捉え直してみる」(オンラインイベント)

【ADBOX】阿部広太郎「20代からできる見つかりに行く努力」(アーカイブ)